尼崎市 不動産売却|有限会社CSホーム > 有限会社CSホームのブログ記事一覧 > フラット35はマイホーム購入におすすめ?審査条件やデメリットも解説

フラット35はマイホーム購入におすすめ?審査条件やデメリットも解説

≪ 前へ|相続した家を正しく対処して空き家管理をすることは大切な終活のひとつ   記事一覧   旧耐震基準とは?不動産売却しにくい理由や売却方法についてご紹介!|次へ ≫

フラット35はマイホーム購入におすすめ?審査条件やデメリットも解説

多くの方がマイホーム購入の際に利用する住宅ローン。
今後何年も続く返済期間を考慮すると、住宅ローン選びは大切です。
今回は、金利変動が気になる方におすすめのフラット35について、審査条件やデメリットも含めて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入の際に使える住宅ローン「フラット35」とは?

マイホーム購入の際に使える住宅ローンにはさまざまな種類がありますが、フラット35は、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携している住宅ローンです。
フラット35の特徴は、返済期間中に金利が変わることのない「全期間固定金利型」であること。
幅広く利用できるフラット35のほかにも、20年以下の返済期間を対象としたフラット20、中古物件購入とリフォームを対象にしたフラット35リノベ、省エネルギー性や耐震性にこだわった住宅を購入する際に使えるフラット35Sなど、購入する住宅の種類や品質に合わせて選べるラインナップが用意されています。

フラット35のメリットと審査条件とは?

フラット35は、借り入れ時に返済終了までの金利が確定する住宅ローンです。
そのため、ライフイベントなどを考慮した資金計画が立てやすいほか、繰り上げ返済手数料がかからないといったメリットがあります。
フラット35の利用条件は、申し込み時に満70歳未満であること、日本国籍や永住許可を持つこと、年収に占める年間合計返済額の割合が30%または35%以下であることなどです。
また、借り入れ対象となる住宅が住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅であること、床面積が一戸建て住宅で70㎡以上、集合住宅で30㎡以上であることのほか、借り入れ額が100万円以上8,000万円以下、借り入れ期間が15年以上かつ80歳マイナス申し込み時の年齢以下であることなどが条件として定められています。

フラット35のデメリットとは?

フラット35には、民間金融機関が扱う住宅ローンとは違い、変動金利型や固定期間選択型を選ぶことができないというデメリットがあります。
また、頭金が少ないと、借り入れ額全体の金利が高くなる傾向にあるため注意が必要です。
そのほかにも、繰り上げ返済の最低金額が高いことや、融資手数料の支払いが必要であること、フラット35を利用するために必要な書類が有料であることなどがデメリットとして挙げられます。

まとめ

今回は、マイホームの購入を検討中の方に向けて、フラット35の審査条件やメリット・デメリットについて解説しました。
フラット35には、状況に応じて選ぶことができるプランが揃っているほか、金利変動がないため返済計画が立てやすいといったメリットがあります。
審査条件やデメリットはありますが、計画的に住宅ローンを返済したい方には、フラット35がおすすめです。
有限会社CSホームは、尼崎を中心とした売買物件を取り扱っております。
お客様に最適なサービスを提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|相続した家を正しく対処して空き家管理をすることは大切な終活のひとつ   記事一覧   旧耐震基準とは?不動産売却しにくい理由や売却方法についてご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


尼崎市武庫之荘 売土地

尼崎市武庫之荘 売土地の画像

価格
1,580万円
種別
売地
住所
兵庫県尼崎市武庫之荘5丁目
交通
武庫之荘駅
徒歩16分

尼崎市尾浜町 売土地

尼崎市尾浜町 売土地の画像

価格
5,400万円
種別
売地
住所
兵庫県尼崎市尾浜町2丁目
交通
尼崎駅
徒歩18分

尼崎市田能 新築戸建

尼崎市田能 新築戸建の画像

価格
2,780万円
種別
新築一戸建
住所
兵庫県尼崎市田能4丁目
交通
園田駅
徒歩25分

コスモハイツらん

コスモハイツらんの画像

価格
6,180万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県宝塚市高司3丁目8-6
交通
小林駅
徒歩19分

トップへ戻る

来店予約