尼崎市 不動産売却|有限会社CSホーム > 有限会社CSホームのブログ記事一覧 > 不動産売却で覚えておきたい土地の用途を変更する農地転用とは?

不動産売却で覚えておきたい土地の用途を変更する農地転用とは?

≪ 前へ|購入と売却のどちらが先かも重要!不動産を買い替えるベストなタイミングとは   記事一覧   建築基準法に定められた接面道路とは?その種類や規定を解説!|次へ ≫

不動産売却で覚えておきたい土地の用途を変更する農地転用とは?

農地を相続しても農業を続けられないとき、その土地の売却を検討するのではないでしょうか。
しかし農地を宅地などほかの用途のために売却するには、特別な手続きをしなければなりません。
そこで不動産売却における農地転用とはどんな仕組みなのか、種類や手続き方法とともに確認していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における農地転用の種類

農地転用とは、農地に住宅を建てたり駐車場として利用したりする目的で、用途を変更することを意味します。
農地転用は農業委員会への申請と、都道府県もしくは市町村長からの許可が必要です。
この農地転用が可能な不動産には、以下の種類があります。

第2種農地

第2種農地とは生産性の低い小団地農地や、将来的に市街地へ発展する環境にある農地を意味します。

●駅や官公庁、バスターミナルから500m以内にある
●市街化区域から500m以内にあり、10ha以上の集団農地に該当しない

第3種農地

第3種農地とは、以下のような市街化が進んでいる環境にある農地を意味します。

●上・下水道もしくはガス管のうち2種類以上が前面道路に埋設されており、かつ500m以内に教育機関・医療機関・その他の公共施設が2つ以上ある
●駅や官公庁、インターチェンジから300m以内にある
●街区の面積に占める宅地化率が40%以上の区画にある
●用途地域内にある

転用できない場合

第2種・第3種農地でも、農地転用は認められない場合があります。
このほか以下の種類の土地は、原則として転用は認められていません。
そのため不動産売却を希望する場合は、農地のままで売ることになります。

●農用地区域内にある
●甲種農地(市街化調整区域内にある生産性の高い農地)
●第1種農地(10ha以上の集団農地、農業公共投資の対象、生産性の高い農地)

不動産の売却で農地転用するときの手続き方法

不動産を売却するにあたり農地転用するときは、農業委員会に申請書を提出して手続きします。
このとき、以下の添付書類を用意してください。

●土地の全部事項証明書
●位置図(地番図)


このほかにも物件の状況により求められる書類があるため、あらかじめ担当窓口まで確認しておくのがおすすめです。

まとめ

不動産を売却するときに知っておきたい、農地転用できる土地の種類と手続き方法についてご紹介しました。
農地以外の目的で利用できるようにするためには、一定の条件を満たしていなければなりません。
そこで農地を売却したいときは、取引実績のある不動産会社に相談するのがおすすめです。
有限会社CSホームは、尼崎を中心とした売買物件を取り扱っております。
お客様に最適なサービスを提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|購入と売却のどちらが先かも重要!不動産を買い替えるベストなタイミングとは   記事一覧   建築基準法に定められた接面道路とは?その種類や規定を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


尼崎市武庫之荘 売土地

尼崎市武庫之荘 売土地の画像

価格
1,580万円
種別
売地
住所
兵庫県尼崎市武庫之荘5丁目
交通
武庫之荘駅
徒歩16分

尼崎市尾浜町 売土地

尼崎市尾浜町 売土地の画像

価格
5,400万円
種別
売地
住所
兵庫県尼崎市尾浜町2丁目
交通
尼崎駅
徒歩18分

尼崎市田能 新築戸建

尼崎市田能 新築戸建の画像

価格
2,780万円
種別
新築一戸建
住所
兵庫県尼崎市田能4丁目
交通
園田駅
徒歩25分

コスモハイツらん

コスモハイツらんの画像

価格
6,180万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県宝塚市高司3丁目8-6
交通
小林駅
徒歩19分

トップへ戻る

来店予約