尼崎市 不動産売却|有限会社CSホーム > 有限会社CSホームのブログ記事一覧 > 再建築不可物件でもリフォームできる?利用できるローンや注意点とは

再建築不可物件でもリフォームできる?利用できるローンや注意点とは

≪ 前へ|不動産の売却益とは?計算方法や節税の方法を解説!   記事一覧   不動産売却に図面が必要な理由や取得方法を解説|次へ ≫

再建築不可物件でもリフォームできる?利用できるローンや注意点とは

再建築不可物件とされている戸建ても、リフォームはできるのかと気になっている方も多いかと思います。
リフォームをするには、さまざまな条件があるため、事前によく確認してから検討されることが大切です。
今回は、再建築不可物件のリフォームについて、その詳細や利用できるローン、注意点について詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

再建築不可物件でもリフォームはできる?

そもそも再建築不可物件とは、その名のとおり、再建築ができない物件のことを指します。
再建築不可物件とされるには、主に4つの定義が設けられており、それらに該当している場合は物件の再建築ができません。
それぞれの定義とは「敷地上空に規定以上の高圧線が通っている」、「建築基準法により再建築ができない」、「市街化調整区域内にある」、「接道義務違反」などの場合です。
特に4つ目の接道義務違反に関しては、リフォームがどこまでできるのかということに関わってきます。
この接道義務違反に該当する場合だと、大規模な再建築レベルのリフォームは難しく、物件の一部や修繕のリフォームが好ましいとされているのが事実です。

再建築不可物件をリフォームする際に利用するローンとは?

上記でもご説明しましたが、再建築不可物件では、リフォームできる範囲が制限されています。
というのも、建築確認申請が不要である工事のみが施工できるのです。
そのような条件のリフォームにおいては、利用できるローンも限られてきます。
再建築不可物件でのリフォームローンを組むには、ノンバンクから融資を受けることがひとつの方法です。
ですが、再建築不可物件を取り扱うのは、金融機関にとってもリスクが高いのが特徴として挙げられます。
そのため物件の立地や状態によっても異なりますが、ノンバンクからの融資は金利が高いということを事前に理解しておくようにしましょう。

再建築不可物件のリフォームをする際の注意点

再建築不可物件のリフォームをする際の注意点としては、そのかかる費用を事前によく確認しておくことです。
再建築不可物件は、一般的なほかの物件と比べて、リフォームに関しても要するコストが大きくかかるとされています。
場合によっては1,000万円以上必要になるケースもあるため、その工事費用だけでなく、追加で発生する費用はないかよく確認しておくようにしましょう。
またリフォームローンを組む際も、十分な確認が必要になります。
後から経済的な負担で後悔しないためにも、ローンの借入れ年数や金利、上限額をチェックしておくことが大切です。

まとめ

今回は、再建築不可物件のリフォームについて、その詳細や利用できるローン、注意点についてご紹介しました。
さまざまな条件が設定されている再築不可物件だからこそ、事前にこれらの点を確認しておくことが大切です。
リフォームをご検討の場合は、この記事を参考にしてみてください。
有限会社CSホームは、尼崎を中心とした売買物件を取り扱っております。
お客様に最適なサービスを提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の売却益とは?計算方法や節税の方法を解説!   記事一覧   不動産売却に図面が必要な理由や取得方法を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


ワコーレ塚口グリーンプロムナード

ワコーレ塚口グリーンプロムナードの画像

価格
4,900万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県尼崎市南塚口町2丁目18-17
交通
塚口駅
徒歩3分

フォルム聖護院別邸

フォルム聖護院別邸の画像

価格
5,480万円
種別
中古マンション
住所
京都府京都市左京区岡崎入江町
交通
神宮丸太町駅
徒歩13分

コスモハイツらん

コスモハイツらんの画像

価格
6,180万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県宝塚市高司3丁目8-6
交通
小林駅
徒歩19分

尼崎市田能 新築戸建

尼崎市田能 新築戸建の画像

価格
2,880万円
種別
新築一戸建
住所
兵庫県尼崎市田能4丁目
交通
園田駅
徒歩25分

トップへ戻る

来店予約