尼崎市 不動産売却|有限会社CSホーム > 有限会社CSホームのブログ記事一覧 > 不動産売却におけるインスペクションのメリットと費用とは?

不動産売却におけるインスペクションのメリットと費用とは?

≪ 前へ|不動産売却のオープンハウスとは?メリットとデメリットはある?   記事一覧   相続した家を正しく対処して空き家管理をすることは大切な終活のひとつ|次へ ≫

不動産売却におけるインスペクションのメリットと費用とは?

不動産売却におけるトラブルはさまざま存在します。
そこで対策のひとつとして「インスペクション」がおこなわれるようになりました。
今回はインスペクションとはなにか、おこなうメリットとどれくらいの費用がかかるのかを解説します。
不動産売却を検討している方は記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるインスペクションとは?

インスペクションとは、家の健康診断のことです。
国で定めた既存住宅状況調査方法を基準に沿って定めた講習を修了した建築士によりおこなわれます。
2018年4月の改正宅地建物取引業法により、インスペクションの説明が義務化されています。
なお、実施の義務化ではなく、家の診断があることを説明することが義務化です。
また、インスペクションを実施するタイミングは、販売活動をおこなう前がおすすめです。
買主候補者へ家の状態をアピールできるため、スムーズな不動産売却につながります。

不動産売却前にインスペクションするメリットとは?

メリットは、早期売却や高い価格で売れる可能性があったり、引き渡し後のトラブルを未然に防ぐことが可能な点です。
また、売主は建物の瑕疵を把握したうえで売却できることも魅力と言えるでしょう。
インスペクション済みの不動産売却では、プロの検査済みのためトラブルが起こりにくくなります。
売却前に重大な箇所は修繕をおこなうことができ、建物の瑕疵で引き渡し後に買主から損害賠償や修繕費を請求されるリスクが低くなり、安心して取り引きができます。

不動産売却前のインスペクションにかかる費用

不動産売却におけるインスペクションの費用はマンションなのか、一戸建てなのかで異なります。
一般的な相場は、5〜7万円ほどで、機材や床下に入り込んでの作業などのオプションを加える場合は10万円以上かかります。
また、マンションの場合は、床下などがないため、相場が5万円ほどです。
一戸建て住宅の場合は、広さにより変わってきます。
たとえば、165㎡の場合は、4万5千円ほど、250㎡は、5万円ほど、500㎡は6万5千円ほどです。
あくまでも相場のため、実施会社により差額は出てきます。
インスペクションの費用負担は、売主が実施すれば売主負担、買主が実施すれば買主負担となっています。

まとめ

不動産売却において、インスペクションをおこなうことで、契約不適合責任に問われるリスクが低くなります。
また、宅地建物取引業法で定められている検査基準では、5万円ほどが相場となります。
メリットを把握したうえでおこなうかどうかを検討しましょう。
有限会社CSホームは、尼崎を中心とした売買物件を取り扱っております。
お客様に最適なサービスを提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却のオープンハウスとは?メリットとデメリットはある?   記事一覧   相続した家を正しく対処して空き家管理をすることは大切な終活のひとつ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


コスモハイツらん

コスモハイツらんの画像

価格
6,180万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県宝塚市高司3丁目8-6
交通
小林駅
徒歩19分

尼崎市田能 新築戸建

尼崎市田能 新築戸建の画像

価格
2,880万円
種別
新築一戸建
住所
兵庫県尼崎市田能4丁目
交通
園田駅
徒歩25分

フォルム聖護院別邸

フォルム聖護院別邸の画像

価格
5,480万円
種別
中古マンション
住所
京都府京都市左京区岡崎入江町
交通
神宮丸太町駅
徒歩13分

豊中市熊野町 新築戸建

豊中市熊野町 新築戸建の画像

価格
4,280万円
種別
新築一戸建
住所
大阪府豊中市熊野町3丁目
交通
桃山台駅
徒歩21分

トップへ戻る

来店予約