尼崎市 不動産売却|有限会社CSホーム > 有限会社CSホームのブログ記事一覧 > 自分で行うと本当に大変!不動産の相続登記手続きは専門家に依頼しよう

自分で行うと本当に大変!不動産の相続登記手続きは専門家に依頼しよう

≪ 前へ|放置するとトラブルになる?知っておきたい不動産の相続登記の基礎知識とは   記事一覧   不動産の相続問題!長男だけに相続させたい場合は!?遺言や手続きも|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報

不動産の相続登記の手続きについてご存知ですか?

 

不動産を相続すると相続登記を行って名義変更する必要がありますが、いざ行うとなるとどのような手順で行えば良いのか、分からないことが多いのではないでしょうか?

 

今回は、不動産の相続登記をご自分で行う際の手順をご紹介します。


不動産で必要な書類

 

不動産の相続登記をご自分で行う際の手順


1.物件の調査

 

最初に相続対象物件の登記事項証明書を取得し、登記簿を調査します。

 

例えば、相続対象物件の名義が父ではなく祖父のものだとしたら、相続人が変わってきます。

 

また対象物件の調査は、遺産分割協議書や登記申請書の作成の際に必要となります。

 

2.被相続人と相続人の戸籍謄本を集める

 

次に、被相続人と相続人全員の戸籍謄本を集めます。

 

このうち、被相続人の戸籍謄本については、出生から亡くなるまで全ての戸籍謄本が必要です。

 

なお、相続人の戸籍謄本は1通あれば問題ありません。

 

3.遺産分割協議と手続き書類の作成

 

続いて、遺産分割協議を行います。

 

遺産分割協議とは、残された不動産の分配を決める相続人全員による協議です。

 

協議で分配が決まったら、相続登記に必要な遺産分割協議書や相続関係説明図等の書類を作成します。

 

なお遺産分割協議書には、相続人全員の署名と実印が必要となります。

 

4.固定資産評価証明書の取得

 

相続登記の際は、登録免許税を納めなくてはなりません。

 

登録免許税は、固定資産評価証明書に記載されている固定資産評価額の0.4%となります。

 

相続登記の手続きには固定資産評価証明書も必要なので、他の書類と併せて取得しておきましょう。

 

5.法務局へ申請

 

必要な書類が揃ったら、法務局に行って相続登記の申請を行います。

 

申請の際には登記申請書を作成し、集めた書類と併せて提出したら終了です。

 

不動産の相続登記は思った以上に大変


先ほどご紹介したように、不動産の相続登記の手続きは時間も手間もかかってかなり大変です。

 

特に、被相続人の戸籍謄本は出生から死亡までにまつわる全てのものを集めなければならないため、場合によっては離れた地域の役所に連絡して取り寄せなければなりません。

 

明治や大正など古い年代の戸籍謄本は、保管期限が過ぎていて破棄されているケースや、運良く残っていても内容が読みづらいケースもあります。

 

また、書類を集める過程でも多くの専門用語が出てくるため、それを理解しながら進めることも面倒です。

 

やっと申請したと思っても、不備があればまた法務局へ行かなければいけませんので、その点にもご注意ください。

 

まとめ


不動産の相続登記の手続きはご自分ですることも可能ですが、実際にやってみるとその大変さに「二度とやりたくない」という人がほとんどです。

 

不慣れな手続きで大変な思いをしないように、相続登記はぜひ専門家に相談して行いましょう。

 

尼崎市・伊丹市で相続登記した不動産の売却を検討中なら、有限会社CSホームまでぜひご相談ください

≪ 前へ|放置するとトラブルになる?知っておきたい不動産の相続登記の基礎知識とは   記事一覧   不動産の相続問題!長男だけに相続させたい場合は!?遺言や手続きも|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


尼崎市武庫之荘 売土地

尼崎市武庫之荘 売土地の画像

価格
1,580万円
種別
売地
住所
兵庫県尼崎市武庫之荘5丁目
交通
武庫之荘駅
徒歩16分

尼崎市尾浜町 売土地

尼崎市尾浜町 売土地の画像

価格
5,400万円
種別
売地
住所
兵庫県尼崎市尾浜町2丁目
交通
尼崎駅
徒歩18分

尼崎市田能 新築戸建

尼崎市田能 新築戸建の画像

価格
2,780万円
種別
新築一戸建
住所
兵庫県尼崎市田能4丁目
交通
園田駅
徒歩25分

コスモハイツらん

コスモハイツらんの画像

価格
6,180万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県宝塚市高司3丁目8-6
交通
小林駅
徒歩19分

トップへ戻る

来店予約