尼崎市 不動産売却|有限会社CSホーム > 有限会社CSホームのブログ記事一覧 > 中古物件をフルリノベーションするのにかかる費用とメリットとは何か

中古物件をフルリノベーションするのにかかる費用とメリットとは何か

≪ 前へ|築一年の不動産が高額で売却しやすい?希望価格で売るポイントも解説   記事一覧   建物構造が木造であるメリット・デメリット!おすすめな方についても解説|次へ ≫

中古物件をフルリノベーションするのにかかる費用とメリットとは何か

現在不動産の購入や引っ越しを考えている方は、中古物件を購入してフルリノベーションをしようとしている方も多いと思います。
今回は、フルリノベーションとはどのようなものなのか、費用はいくらかかるのかなどを解説していきます。
また、この手法を施したことによって得られるメリットなども解説します。
是非参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古物件のフルリノベーションとは何か

まずフルリノベーションとはどういったことをするのかを解説していきます。

リフォームと通常のリノベーションとの違い

一般的にリフォームとは、経年劣化してしまった家を新築同様に戻す作業のことを指します。
また、通常のリノベーションは建物が本来持っている機能に付加価値を付けることで、再生させるという意味があります。
フルリノベーションは、一旦骨組みだけにして間取りの変更などの大きな改装をおこなう事を指しています。

中古物件のフルリノベーションのメリットとデメリットは何か

次にメリットに感じられる部分とデメリットになる部分を解説していきます。

一旦骨組みになることによって増える選択肢

工事内容として、骨組みだけの状態からまた再構築していく事になります。
発注当時の生活状況や将来のことを見据えてさまざまな選択肢が考えられますので、結果的に大きなメリットとなります。

中古物件の資産価値が高まる

元々あった状態に付加価値を付けて再生しているので、物件自体の資産価値は上がっていきます。
万一売却時にも、中古物件をそのまま売るよりも高額で取引されることが多いのがメリットです。

暮らし始めるまでに時間と費用が掛かる

骨組みだけにしてゼロから作り変えるのと同様の工程でおこなうので、その間別宅での生活、その家の家賃など多くの費用が掛かってきます。
資金に余裕がないまま発注してしまうと生活が立ち行かなくなるので、そのまま暮らすよりもデメリットになる点と言えます。

中古物件のフルリノベーションにかかる費用は

最後にフルリノベーションにかかる費用について解説していきます。

一戸建てとマンションでは価格が違う

一般的な相場として、マンションであればおよそ300万円から900万円、一戸建てでは400万円から2,000万円かかるといわれています。
工事の内容によって価格は変動しますが、新築の家を購入するより安い費用で実現可能です。

まとめ

中古の物件を安価で入手してフルリノベーションで済みやすい形に変えることは、今後の生活の質を向上するのにベストな選択肢です。
新築に手が届かないという方は是非検討してみてください。
有限会社CSホームは、尼崎を中心とした売買物件を取り扱っております。
お客様に最適なサービスを提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|築一年の不動産が高額で売却しやすい?希望価格で売るポイントも解説   記事一覧   建物構造が木造であるメリット・デメリット!おすすめな方についても解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


尼崎市武庫之荘 売土地

尼崎市武庫之荘 売土地の画像

価格
1,580万円
種別
売地
住所
兵庫県尼崎市武庫之荘5丁目
交通
武庫之荘駅
徒歩16分

尼崎市田能 新築戸建

尼崎市田能 新築戸建の画像

価格
2,780万円
種別
新築一戸建
住所
兵庫県尼崎市田能4丁目
交通
園田駅
徒歩25分

コスモハイツらん

コスモハイツらんの画像

価格
6,180万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県宝塚市高司3丁目8-6
交通
小林駅
徒歩19分

クラウンハイム塚本

クラウンハイム塚本の画像

価格
2,180万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市西淀川区野里1丁目20-26
交通
塚本駅
徒歩6分

トップへ戻る

来店予約