尼崎市 不動産売却|有限会社CSホーム > 有限会社CSホームのブログ記事一覧 > 売れにくい不動産とはどのようなものなのかご説明

売れにくい不動産とはどのようなものなのかご説明

≪ 前へ|不動産売却をするときに必要な物件資料についてご紹介   記事一覧   空き家は解体して土地にして売却すべき?建物付きで売却すべき?|次へ ≫

売れにくい不動産とはどのようなものなのかご説明

これから不動産を売却しようとお考えの方のなかには、それが売れやすいか売れにくいか気になっている方もいるでしょう。
ここでは、全体的に売れにくい不動産とはどのようなものかご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

再建築不可物件が売れにくい理由とは?

不動産のなかで、いわゆる再建築不可物件は売るのが難しいと言われています。
再建築不可物件とは、新たに家を建てられない土地のことです。
接道義務があり、建築基準法道路や位置指定道路に2m以上接していなかったりすると、再構築することができません。
また、不動産に価値があまりないと認識されるほか、古い建物が建っているためリフォーム費用も高額になりやすく、購入に抵抗を持つ方が多いようです。
さらに、住宅ローンを利用するのが容易ではない場合も多いため、再建築不可物件は売れにくいのです。

テラスハウスが売れにくい理由とは?

多くの方が、住宅ローンを利用して不動産を購入しますが、テラスハウスは担保価値が高くないこともあり、住宅ローンの利用が難しいといったデメリットがあります。
また、建て替えしたいときなど単独でできず、隣に住む方の協力を得る必要がでてきたり管理者の許可が必要になってきたりするため、そこにデメリットを感じる方も少なくありません。
このような理由もあり、テラスハウスは売却できたとしても価格が引くくなりやすいようです。

賃貸併用住宅が売れにくい理由とは?

住宅ローンが利用できるなどのメリットがある賃貸併用住宅ですが、テラスハウスなどと同じように売れにくい傾向があるのも事実です。
賃貸併用住宅とは、自身が生活する空間と他人に貸す空間がある物件です。
売れにくい理由の一つに、そもそも賃貸併用住宅を購入したい方が少なく、マーケットが小さいことが挙げられます。
ゆくゆく子に相続される際にもめやすいことも、購入したい方が多くない理由かもしれません。
また、その構造上、一般的な賃貸物件とは異なり借りることに抵抗を感じる方が多い傾向があるため、賃貸経営するのが難しいと言えます。
そのため、投資目的で購入する方がどうしても少なくなります。
このような理由から、売れにくい不動産だと言えます。

まとめ

不動産のなかには売れにくい物件もあります。
再建築不可物件や、テラスハウス、賃貸併用住宅などがそれにあたります。
再建築不可物件は、住宅ローンの利用が難しかったりリフォーム費用が高くなりやすいことも理由です。
また、テラスハウスは単独で建て替えができなかったり、賃貸併用住宅は特殊な構造上賃貸経営が難しいため売るのが容易ではありません。
有限会社CSホームは、尼崎を中心とした売買物件を取り扱っております。
お客様に最適なサービスを提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却をするときに必要な物件資料についてご紹介   記事一覧   空き家は解体して土地にして売却すべき?建物付きで売却すべき?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


尼崎市武庫之荘 売土地

尼崎市武庫之荘 売土地の画像

価格
1,580万円
種別
売地
住所
兵庫県尼崎市武庫之荘5丁目
交通
武庫之荘駅
徒歩16分

尼崎市尾浜町 売土地

尼崎市尾浜町 売土地の画像

価格
5,400万円
種別
売地
住所
兵庫県尼崎市尾浜町2丁目
交通
尼崎駅
徒歩18分

尼崎市田能 新築戸建

尼崎市田能 新築戸建の画像

価格
2,780万円
種別
新築一戸建
住所
兵庫県尼崎市田能4丁目
交通
園田駅
徒歩25分

コスモハイツらん

コスモハイツらんの画像

価格
6,180万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県宝塚市高司3丁目8-6
交通
小林駅
徒歩19分

トップへ戻る

来店予約